ソフトバンクエアーを利用する料金の内訳

多くのプロバイダの回線契約を行う上では、開通工事を行うことが前提になっています。

そのため工事を行う日に立ち会わなくてはいけないのと同時に、行った工事に関する費用が発生します。ところがソフトバンクのエアーの場合は、自宅にWifiルーターが届けばそれを電源に挿し、あとは受信する端末の設定を行うだけでインターネットを利用することができるようになります。従って工事費用がかからない点で優れています。

実際にソフトバンクのエアーを利用した場合の料金については、初期費用には事務手数料で3、000円がかかります。そして月額の基本料金が4、880円かかりますが、1~24ヶ月まではエアー割というのが適用されるため、1、080円割引を受けることができ、月額で3、800円の料金がかかる計算になります。工事費用の負担がなくなるため、その分はお得に利用することが可能です。

ただ24ヶ月を超えると基本料金である4、880円となってしまうため、その場合はソフトバンク以外での通信会社の回線を利用した方がお得になることもあります。従ってソフトバンクエアーが必ずしもお得でWifiが利用できるという訳ではありません。

他の注意点にはエアールーターの専用機器を購入する形で、月々割賦金の支払いが発生している点があります。本来はこの費用の負担も必要となりますが、月々割にて割引を受けている状態です。もし解約した場合には残債が発生してしまい、その支払いが負担になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *